ミレニアル世代として生きる。

海外在住。働く女子の生活、グルメ、旅行の備忘録。

豫園をめぐる

 

メルキュール上海豫園

f:id:singapore18:20190525010015j:image

短い滞在時間の中で効率よく周りたかったので主要観光地に近いこちらのホテルを選びました。また、今回はブッキングドットコムを通して予約しました。

最近は海外ホテルを予約する際はブッキングドットコムかアゴダを使うことが多いです!どちらも取り扱っている宿泊施設の数が多く、繁忙期の急な旅行でも空いている宿が見つかる可能性が高いのでおすすめです。

 

では早速ホテルの中へ。

ホテルのロビーがモダンでとってもお洒落でした!

f:id:singapore18:20190525010153j:image

女性が好きそうな雰囲気で、清潔感もあります。
f:id:singapore18:20190525010201j:image

ホテルによっては英語が通じなかったという口コミが書かれていたところもあったので従業員の方が中国語しか話せなかったらどうしようという不安がありましたが、こちらのホテルのフロントの方は問題なく英語も通じました。

 

お部屋はこんな感じ、シンプルな空間でした。

f:id:singapore18:20190524084351j:image

f:id:singapore18:20190524084359j:image

ちゃんと歯ブラシやシャンプーなどのアメニティも揃ってました。
f:id:singapore18:20190524084356j:image

 水周りも清潔で、シャワーの水圧も問題なかったです。

f:id:singapore18:20190524084403j:image

ホテルにチェックインした後は豫園周辺を散策しました。

f:id:singapore18:20190525005535j:image

情緒ある街並みを歩いていると心穏やかな気持ちになります。

そんな中、バイク運転手のほとんどがヘルメットを着用していないことにびっくりしました(法律上は着用義務があるそう。)危なくないのだろうか。。

また、街中で大声で喧嘩している人達を何組も見ました。中には警察官と口論をしている女性も。 こういうシチュエーションを見ると、なるほど、私は中国に来てるんだなあという実感が湧いてきます。

せっかくなのでお茶屋さんに入ってみました。

f:id:singapore18:20190525005639j:image

店員さんがオススメしてくれたフラワーティーを飲みました。美容効果があるみたいです。正直、飲んでお腹壊さないだろうかと思いつつも、飲んでみるとスッキリした味わいで美味しかったです。

 

豫園(ヨエン)

それから上海で人気の観光地の一つでもある豫園へ。

最寄駅は地下鉄10号線豫園駅で、駅から徒歩10分程で着きます。

f:id:singapore18:20190525131407j:image

f:id:singapore18:20190525162600j:image

f:id:singapore18:20190525162645j:image

400年以上の歴史ある庭園「豫園」と、豫園に隣接した商業エリア「豫園商城」、お土産屋や屋台、レストランがたくさん並んでいて、観光客で賑わっていました。外国人だけでなく中国人の観光客も多く、日本でいう京都のような、中国らしいノスタルジックな雰囲気を楽しむことができます!!夜行くとライトアップされていてとても綺麗です。

 

夜ご飯は豫園商城にあるこちらのレストランにて。

f:id:singapore18:20190525162914j:image

f:id:singapore18:20190525162749j:image
f:id:singapore18:20190525162752j:image
f:id:singapore18:20190525162745j:image

こちらの麺は全然味がなく、小籠包も食べましたが至って普通のお味でした。。2品とドリンクを注文してお会計が1000円くらいだったので、値段は良心的!本当は近くの有名なお店の小籠包を食べたかったのですが、テイクアウトでも行列ができていてそこまでして並ぶ気になれませんでした。残念だったなあ。。

 

豫園を満喫した後は、外灘へ移動します。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村